2006年04月05日

Real Face

スカパーがやらなきゃ誰がやっる〜♪というCMソングが耳について離れなくなってるうちに新年度になってしまいました。
ちょいと家の中がゴタゴタしておりまして、すわ別居か週末婚か、という状況にまで追い込まれたのですが何とか持ち直しました。という話を4月1日に書こうと思ったのですがエイプリルフールのネタだと疑われそうだなと思い中止。まぁ最悪の状態になったらなったで日記のネタにしようと思ってたんですが、とりあえず回避できてめでたしめでたし。
あ、別に夫婦仲が悪くなったとかじゃないんですよ。念のため。

「出産話は後日ネタにする」と言っておきながら3ヶ月が経過してしまったのですが、本日こっそりアップしましたのでお時間がある方はご覧下さい。過去ログ1月1日のところにありますよ。
妊娠・出産・育児というのはほとんどの女性が経験することではあるけど、誰ひとりとして全く同じ経過をたどることはなくて、だからこそ他人の妊娠出産育児話は興味深いし、経産婦は皆その体験を語りたがるのかな、と思います。
私はまだ育児歴3ヶ月で子どももひとりしか産んでない未熟母ですが、こんな私でもいつか誰かの役に立つような話ができるようになるんでしょうかね。まぁ不良妊婦だったし今も手抜き育児なんで、誰も参考にはしないと思いますけど。むしろ参考にされたら困ることが多いな。くわばらくわばら。

昨夜のことですが息子が私の真似をしたんだか何だか、急に「アハハハハ」と声を上げて笑ったのでビックリしました。偶然かと思って「ウフフフ」と笑ってみせたら息子も「ウフフフ」と笑ったのでこれは間違いなく成長だ!と確信。
嬉しくて思わず涙が出ました。
母がなぜ泣いてるのか理解できない息子は怪訝な顔をしておりましたが。
誰かこの親バカ暴走列車を止めてください。(自力ではもう制御できません)
posted by たっちー at 19:43| 東京 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

今すぐ欲しい

おやつに菓子パンをよく食べるので、ヤマザキパスコのポイントシールを集め始めました。

欲しいのはパスコのほうなんだけど(リサガス好き)、よく集まるのはヤマザキのほう。
ヤマザキはコンビニでもたくさん売ってるからね。
パスコはスーパーに行っても種類ほとんどないし。
どちらも締め切りが4月30日で、現時点でヤマザキ7.5点、パスコ4点。
白いお皿はもらえそうだ。別に欲しくもないんだけど。

だってさー、

コンビニでバイトしてた頃は、白いお皿タダでもらい放題だったんだもの。

役得、というにはあまりにもお得感なさすぎです。
一方、パスコはリサとガスパール両方もらうためには60点集めなきゃならない。
そんなにパン食べられないよ、私ごはん党だし(ノД`)


息子が3ヶ月になりました。おめでとう。
今日買い物に連れて行ったら、寝ずにずっと外をキョロキョロと見てました。
外の世界に興味を持ち始めたんですな。
首もほとんど座ったし、声出して笑うようになってきたし、
ちょっとずつ進化しているようで。
嬉しい反面、ちょっと寂しい。
もうこれ以上大きくならないで、可愛いままで、ずっと私のそばにいてくれ〜、と半ば本気で思ったり。
複雑な母心。(そして重症な親バカ)
posted by たっちー at 20:25| 東京 ☀| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

Cafe de 鬼

バレンタインデーに妹から、「夫婦で食べて」とチョコレートをもらったのだが、まだお返しをしていない。

相方「ミさん(妹)にお返ししなきゃな〜」
私「そうだよ、ヨックモックあげるって言ってたじゃん。早く買ってきてよ」
相方「ミさんのだけじゃなくてアンタの分も買ってこいって?」
私「当たり前じゃん」
相方「………」

我が家の辞書に「バレンタインデー」は無いが「ホワイトデー」は存在する、というお話。
posted by たっちー at 14:45| 東京 🌁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

Venus

先日初めて「着うた」なるものをダウンロードしまして、
相方からの電話の着信音に設定してみたんですけどね。

相方から電話がかかってくるたびに、

♪あっつくビーナス!もっえってビーナス!

と携帯が歌いだすもんだから、

ビクゥΣ (゚Д゚;)

と毎回跳び上がっちゃうんです。

相方はほぼ毎日カエルコールしてくるので、
こっちももう毎晩のようにビクゥΣ (゚Д゚;)ですよ。
携帯がタッキー&翼の声で歌いだすという現象に、なかなか慣れないんですよね〜。

だったら着信音変えろって話なんですが、
いちいち驚いてる自分がなんか可笑しくて、そのままにしています。
相方は、私が電話に出るたびに
「こいつは今、着メロで驚いたが、平静を装っているのだな」
と想いを馳せてみるといいと思うよ。(何のために?)
posted by たっちー at 18:37| 東京 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

涙がキラリ★

本日のミッション。

@通販代金の払い込み
A息子の銀行口座を作る
B夕飯の買出し

最近夜泣きしなくなったかわりに日中やたらぐずるようになった息子を、
なんだかんだとなだめすかしてお昼寝させるのに成功したのが午後2時ちょっと前。
寝入ったのを確認し、「全てのミッションを1時間以内に完了させる」という条件を自らに課して家を出る。
ミッション@はコンビニで難なく終了。
駅前の銀行で口座開設を申し出、書類に記入。程なく窓口に呼ばれる。

行員「ご本人確認資料を拝見します」
私「ハイ(住民票の写しを差し出す)」
行員「ほかに身分証明するものお持ちですか?」
私「へ?ああハイ(免許証を差し出す)」
行員「…お子様の身分を証明するもの、ございますか?」
私「は?」
行員「保険証ですとか…」
私「ないです」
行員「お子様の口座ですので、お子様の本人確認資料が必要でして…(以下長々と説明)」


要するに息子が息子であるという証明と、
私と息子が親子であるという証明が必要なんだって事なんだけど。

住民票や戸籍謄本は、たとえ原本であってもそれ単品では証明にならないんだってさ。
いや、理屈はわかるんだけど。
私が私であるという確認はできてるわけで、その私が住民票やら戸籍謄本の原本持って来てるんだから、そこに記載されてる子は私の子に決まってるじゃねぇか。
ご本人確認も何も、まだ生まれて2ヶ月ちょっとの子供を何をもって証明しろというんだ。
住民票や戸籍は他人でも成りすまして取れる、というなら(実際はそうじゃないけど)保険証だって同じじゃないの?

まぁそこで文句言っても始まらないし、私が明らかに不服そうな顔をしていたせいか行員のお姉さんもフォローに必死だったので、仕方なく保険証を取りに戻ることに。
家のドアをそ〜っと開け、そ〜っと家に入る。
静まり返った我が家。息子はまだ寝ているようだ。よっしゃー。

部屋に入った途端、息子と目が合ったヨ☆

彼は寝ていたのではなく、静かに起きていたのでありました。
そして私の姿を確認するや否や、

うわ〜ん!

赤ん坊ってのは不思議なもんでね、
こっちの思惑はお見通しなんですね。
抱っこしてやると泣き止んでご機嫌になるんだけど、
ベッドに寝かした途端にエ〜ン。
バウンサーに乗せて揺らしてやってもビエ〜ン。
「寝かしつけてまた出かけようって魂胆だな?」
「また僕を置いて出て行くつもりだな?」
「そうはさせるか!」
息子は泣いてるだけでしたが、彼の言いたいことはよ〜く伝わりましたよ、ええ。

ふと時計を見ると、午後3時。

ミッション遂行ならず。

「3時過ぎてもお待ちしてますから」と行員のお姉さんは言ってくれたけど、息子に手の内を読まれた以上、もう成す術はないのよ。
「もうお母さんは何処にも行かない」と息子に信用してもらえるまで、片時も離れる事は許されないのよ。
こうなったら息子が鬱陶しがるくらい構ったろ〜、と抱っこして頬ずりしてチューしてベラベラ話しかけること2時間、彼もさすがにウンザリしたらしくコテッと寝ました。
昼寝させるのにこんなに労力を…って言うかもう夕方の5時なんですけど昼寝っつうか夕寝だよアンタ、などと突っ込んでみても詮無いのでコンビニでサラダとおやつだけ買ってきました。
今日の夕飯は昨夜の残りのカレーに決定。わぁリーズナボー!(ヤケ)
posted by たっちー at 19:53| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

3月9日

「強制!見た人はすぐやるバトン」だそうです。
友人のブログで見たのでやります。
本日午後12時45分現在の状況です。ではどうぞ。


☆今、どこに居る? 
 自宅。
☆今、一番近くに誰がいる?
 隣の部屋で寝てる息子。
☆今、どんな服装?
 ユニクロのロンT+ユニクロの五分丈パンツ+はんてん。
 要するに寝巻き姿。
☆今、何が食べたい? 
 ケンタッキーの胡山醤チキン。
☆今、何が飲みたい? 
 CCレモン。
☆今、真後ろには何がある? 
 相方のベッド(大荒れ)。
☆今、周りを見渡して、一番目についたものは?
 相方の携帯電話。(よく忘れて出かける。今日も忘れて行った)
☆今、誰に会いたい?
 ヒミツです☆
☆その人に伝えたいことは?
 元気ですか?笑ってますか?
☆今、一番歌いたい曲は?
 きみはだ〜れ〜、ぼくはクー、一緒にQOO飲まないか〜♪というCMソング。
☆今、頭の中でパッと思い浮かんだ言葉、もしくは台詞は?
 あ、ゴミ捨てに行かなきゃ。
☆今の体調は?
 すこぶる良いです。
☆今どんな気持ち?   
 おっぱいの時間をとうに過ぎているのに息子が起きない。大丈夫か?
posted by たっちー at 13:07| 東京 🌁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

No Regret

確定申告というものをしてまいりました。
昨年は医療費が莫大にかかったのと、ギリギリ年内に息子が生まれて扶養家族がひとり増えたので税金返せコノヤロウ、と鼻息荒く書類を作成(PCで作るとラクだし便利だ)、溜めに溜めた領収書の束と源泉徴収票を持って税務署へ。
1時間くらいかかるかな〜と覚悟して行ったんですが、窓口が2つしかなかったにもかかわらず係の人の手際が恐ろしく早かったおかげでものの10分で終わってしまって拍子抜け。
しかしさすがに申告期間中の税務署って何か殺気立ってるって言うか、税務署の人はみんなロボットみたいだった。質問する隙も与えないぜ!的な。(まぁ実際は質問すれば親切に答えてくれるんですがね)

それにしても出産の諸経費で●●万円もかかったのに、返ってくる税金は私と相方合わせても10万に満たないって腑に落ちない。
返ってくるだけマシじゃんって話かもしれないけど。実家の父は申告したら逆に3万払う羽目になったらしいし。
そして相方はこの手の事にうとくて、確定申告すれば税金が返ってくるって事も知らなかったので、私が申告書の作成も児童手当や乳児手当の手続きも育児の合間を縫って頑張りました。
相方に頼んだのは「源泉徴収票もらって来い」と「ハンコ貸せ」くらいのもんです。
こういうのって男の人のほうが詳しいもんだと思っていましたがどうやら違うらしい、と結婚して初めて気付きましたよ。
それともあれか、相方は坊ちゃま育ちだから「税金なんてくれてやるさ」って感じなのか。
私は「貰える金はビタ一文取りこぼさない」主義なのでこういう事には必死になりますよ。
端的に言うと「金の亡者」です。ええそうですとも。何か?
posted by たっちー at 17:55| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

違う、そうじゃない

ウケ狙いでもボケでもなんでもなくまるっきりの素で「麹町」を「めんまち」って言い放っておいて「日記のネタにするのはやめて〜」なんてそりゃ虫が良すぎるってもんですよ旦那様。
posted by たっちー at 23:23| 東京 ☀| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

マインドトラベル

毎晩午後11時頃から午前2時頃(3時だったり4時だったりする時もあり)まで泣きっぱなしで寝ようとしない息子が昨日は意外なくらいスンナリ寝てくれたのだけどそれはそれで「どこか具合でも悪いんじゃないだろうか?」と心配しちゃってこっちが眠れなくなる。と書くと美談だけれどそんな事はなくってこちらもありがたく爆睡させていただきました。
でも、ちゃんと寝ると夜中の授乳にも余裕が持てるというか片乳放り出したまま寝てしまうって事がなくなる(夜中の授乳は寝たままがデフォルトですが何か)し、目覚めもいいので今後も息子には更なる協力をお願いしたいところです。

相方の部屋にはクローゼットがなく、彼のスーツやシャツ類はつっぱり棒におざなりに掛けてあるだけだったのですが、これでは見た目にも実用的にもあまりよろしくないなぁと常々思っていたので、通販でキャスター付きのパイプハンガーを購入したのです。
で、相方が会社に行ってる間に組み立てて服を整理して、帰ってきた時に「何コレ!?」と驚き喜ぶさまを見たかったのですがそんな日に限って彼の帰宅が早く、まさに組み立ててる真っ最中に帰ってきてしまい、サプライズパーティーの夢はあっさりと消え去ってしまった上に、何本ものパイプと格闘している姿を見られ「何やってんの?」と至極冷静に突っ込まれ「またコイツは訳のわからん物を買いやがったな」という目で見られるという三重苦を味わう羽目になったのでした。
「気の利く妻」を演出するのも大変でございます。
posted by たっちー at 12:42| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

何度でも

我が家では、相方のパソコンを夫婦で使っているのですが、
昨年末にPCをノートからデスクトップに変えて以来、ネット接続が困難な状況が続いていました。
PCを立ち上げても一発で無線LANに接続せず、再起動再起動再起動。
10分くらい繰り返してようやくつながっても、とにかく遅い。
そうこうしてるうちに子供が泣き出しちゃって日記更新断念、というパターンは日常茶飯事でした。
相方曰く「俺がウインドウズXPのインストールしくじったのが響いてるのかも」との事だったので、ふ〜んそんなもんか、じゃあ仕方ねえやな、となんとなく諦めモードだったのです。

ハイ注目。
「続いていました。
「日常茶飯事でした。
「諦めモードだったのです。」

なぜ過去形かというと、症状が解消されたから。

無線LANアダプタの設定を見てみたら、
なんと接続先が我が家のではなく、よその家のモデムになっていたのです。
暗号化されてなかった(つまり電波が届く範囲なら誰でも使える)ため、我が家のPCはよそのモデムを使ってネット接続していたのでした。
そりゃつながりにくいし遅いはずだよ…。
早速設定を変更して自宅のモデムに接続するようにしたら、
そりゃもうサクサクと早いこと早いこと(当たり前ですな)。
もちろん立ち上げれば一発でつながります。ストレスフリー。
インストールしくじったとかそんな事は全然関係ありませんでしたよ。>相方

そう言えば引越しして初めてネット接続を試みた時。
ノートパソコンの無線LAN設定がうまくいかず、相方がフテ寝してしまったので、
じゃあ素人ながら色々やってみよう、と設定をいじったらスンナリ接続できちゃった、という事がありました。
寝てる相方に「つながったよ〜」と報告したら
「えっ嘘!」とものすごい勢いで起き上がった相方の目は
「俺のできなかった事がなぜド素人のお前にできるんだ?」と訴えかけておりました。

ちなみに相方の職業はシステムエンジニアなのですが何か。
posted by たっちー at 17:15| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月28日

WITH OR WITHOUT YOU

寝込んでました。

金曜深夜から本格的にやばくなり、土曜朝には悪寒+発熱+鼻水の3コンボ。
クシャミしながら洗濯してたら相方が起きてきて
「俺がやるからアンタは寝てなさい」
と寝床に強制送還。
もともと美容院に行くため、息子を実家に預ける予定だったのですが、
美容院はキャンセルして、親に事情を話して息子を一晩隔離することに。
子供の世話からも解放され、家事は全て相方任せ。
久々の自由だ!ガッツリ寝るぞぉ!

と思ったのもつかの間。

おっぱいが張って眠れないのです。
胸はガチガチに硬くなり、熱を帯び、ちょっと動けば母乳が漏れ出すので、寝返りも打てず。
仕方なく搾乳するのですが、時間がかかる上に、完全に搾り取れないため、またすぐ胸が張って痛くなる、の繰り返し。
結局ゆっくりなんて寝ちゃいられないのでした。

明け方、熱が38度まで上昇したものの、1時間半かけて搾乳したら落ち着き、胸に冷えピタシートを貼って昼まで寝たらだいぶ回復しました。
夜泣キングの息子が実家に迷惑をかけるのでは、と心配していたのですが、内弁慶な彼はミルク以外では泣かず、おりこうさんにしていたそうです。
息子が帰ってきて即、おっぱいをくわえさせた時の爽快感と言ったら!
赤ん坊って上手に、そして確実におっぱいを吸い尽くしてくれるのだなぁ、と実感しました。
このぶんだと断乳が大変そうだなぁ、とちょっと鬱にもなりましたが。

そしてこの2日間、驚くべき甲斐甲斐しさを発揮した相方。
家事全て丸投げしたにもかかわらずキビキビと片付け、私の「プリン食べたい、炭酸欲しい、バナナ食べたい」などというリクエストにも忠実に対応してくれました。ありがたや。
私が体調崩して寝込む事がめったにないだけに、無理をさせてはならんという使命感に燃えていたようです。
しかし体調が悪いのに酢豚やトンカツをガツガツ食べ、ご飯をおかわりする私を見たときは
「ニセ病人…?」とドッ引きしてました。
体調が悪いときこそしっかり食べて早く治す!がモットーなのです。

ところで搾乳した母乳、空のペットボトルに入れてみたらこんな感じに。
(ちなみに3回分くらいです)

200602261228000.jpg

これ全部もともとは血なんだよな〜、と思うとなんだか怖い。
台所の片隅に置いておいたら、
「これすっごい存在感あるね…」と相方が怯えた目で見ていました。
料理に使ってみようか、とか、母乳風呂にしようか、とか考えましたが、
結局どっちもしないで捨ててしまいました。
もったいないので、次回からは冷凍保存しておこう。
(今回は保存パックがなくてできなかったのです)
posted by たっちー at 15:12| 東京 ☁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月24日

砂を噛むように…NAMIDA

ここ数日、「息子を効率的に風呂に入れる方法」を模索しておりました。
ずっとベビーバスで入れていたものの、一緒に入っちゃったほうが息子もよく温まるし体も洗ってあげやすいしいいんじゃないの?と常々思っていて。
しかしこれが大きな間違い。
私はちょっと熱めのお湯にゆっくり浸かるのが好きなんですが、当然息子にそんな長湯はさせられないため、ぬるめの湯にせいぜい5分しか入れません。
(一度、10分近く入ってたら息子がグッタリしちゃって慌てた事あり←鬼母)
風呂から出たらまず息子に服を着せて麦茶やおっぱいをあげるのですが、この間彼はずっと泣き通しなので、私は全裸にバスタオル姿。
先に私が風呂に入って体をゆっくり洗い(子供と一緒だと髪か体のどっちかしか洗えない)、一回出て息子の服を脱がせて一緒に風呂に入る、というパターンも試してみましたが、どっちにしろ出たらまず息子優先で着替え→水分補給なので、私はその間バスタオル1枚、良くて下着姿。

案の定、風邪ひきました。

母親教室や病院では「お風呂はパパに入れてもらいましょう」なんて言われたけど、

連日23時半まで残業してるパパにどうやって頼めと

そうでなくても相方の会社は「育児は嫁に任せろ」って考え方の人が多いっぽいしさ〜、
父親の育児参加って現実的に厳しいよなぁ、と鼻水垂らしながら物思う私。

それはともかく、ほぼ1日中息子と同じ部屋にいて、夜も同じ布団で一緒に寝てるのに、
授乳中だから風邪薬も飲めないわけで。
薬飲んでる間だけミルクにするって手もあるけど、母乳が出なくなっちゃいそうで怖いし。
かと言ってこのまま息子に風邪をうつすわけにもいかないし。
どうする?どうすんの、俺!?(カードCMのオダギリジョー風に)
posted by たっちー at 12:05| 東京 ☁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

妊娠する前から、
「もし私が男の子を生んだら付けたいなぁ」
と、漠然と考えていた名前がありまして。

それは「昴(すばる)」。

相方の名前にちょっと似てるし、
イニシャルも相方と同じになるし、
漢字一文字で、日へんも付いてるし、
星の名前ってのもなんだかカッコイイ。
完璧じゃん!
と、思っていたんですが、実際に名付けたのは別の名前でした。

「昴」って、おうし座にある星なんですよ。
でも、出産予定日が12月だったので、
いて座の息子におうし座の名前を付けるのもなぁ…
と思い、断念したのです。

このニュースを読んで、それをふと思い出しました。


もし2人目を作るとしたら、今度は4月か5月に生みたい、と思っているので、
おうし座生まれで、次も男の子だったら、付けようかな。
まぁ、私も相方も「第二子は女子希望」なんですが。
それ以前に、私が「子供はひとりで充分」という意見なので、第二子ができるかどうかも謎なんですが。
posted by たっちー at 16:15| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

太陽の下

昨日今日とぽかぽか陽気だったので、息子を連れて買い物に出ました。

「連れて」と言ってもまだ首もすわっていない状態ですから、
子供に抱っこホルダーを装着して、よっこらしょと前で抱えて歩くわけです。
インフルエンザも流行っているご時世、人や車の多い駅前に連れて行くのはどうだろう、と思ったのですが、
大事に大事に家の中に閉じ込めて箱入り息子にするよりは、外気に当てて免疫を付けるほうが良かろう、と。
イヤンイヤンとぐずる息子にホルダーを付け、ほ〜れお外ですよ〜とドアを開けた途端、ピタッと黙りました。
もうね、近くで学校帰りのガキどもが奇声を上げてても無反応ですよ。
家じゃ私がちょっとでも物音たてようもんならビクウッとなって泣き出すのに。
そうかそうか、そんなに外が好きか、ってなもんですよ。

あと一ヶ月もして花が咲く季節になったら、
「ほ〜ら息子、あそこにお花が咲いてるよ〜、きれいねぇ」とか
「鳥さんが鳴いてるよ、息子かわいいねって言ってるよ〜」とか話しかけて
我が子とのコミュニケーションをはかり、
季節の移ろいに敏感な、情緒豊かな子にしよう、なんて考えていたのもつかの間、

爆睡する息子

つついてもつまんでも起きやしない。
揺らしても声かけてもピクリともしない。
そのくせ家に帰ってベッドに横にした途端、火がついたように泣き出すのね〜。
どうも寝るのが好きじゃないようで。
どうしてそこは親に似てくれなかったんだろうかと小一時間。
これじゃお花きれいね鳥さん鳴いてるねなんて出来るはずもなく。

私の情操教育計画は早くも頓挫しましたとさ。はぁぁぁ(ため息)
posted by たっちー at 18:36| 東京 🌁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

きみの て

大変ご無沙汰しております。

息子も間もなく2ヶ月になるところです。
よその子と比べたことが無いのでよくわからないのですが、あまり手がかからない気がします。
親に似たのか、神経質とか繊細とかいう言葉には無縁で、おむつが汚れてもすました顔をしてるし、お風呂でお湯が顔にかかっても平気だし、夜中は一応腹が減ったと泣くものの、ろくに乳も飲まずにすぐ爆睡してしまう、母譲りの大雑把さを如何なく発揮しております。
最近は母乳だけで満足してくれるようになり、ミルクを作る手間もなくなったので、元来面倒くさがりで育児には不向きであるところの私には大助かりなのです。

そのくらい気楽な育児をしているのに更に手抜きをしようと思うのが私のアレなところで、
こんなものを買いました。
結構いいお値段なので、最初はヤフオクで安く購入するつもりだったのですが、
相方が「他人の使ったお古を子供に使わせるのは嫌だ、どうせ買うなら新品がいい」と言ったのと、
通販限定色の赤ギンガムチェック地が欲しかったこともあり、結局新品を定価で購入。
ただ、ヤフオクで出品している人のコメントを読むと
「子どもが気に入ってくれず、かえって嫌がった」
「あまり効果がなかった」
という事で、2〜3回しか使わずに出品、というものがほとんどだったので、
息子は気に入ってくれるだろうか、それだけが不安でした。

で、結果。

200602141509000.jpg

バツグンでした。

もともと、車に乗せたり抱っこホルダーに乗せて歩いたりすると寝るし、
ぐずっていても抱っこして部屋を歩き回ると泣き止むので、
適度な揺れと視界の変化が心地よいのだろうとは推測していたのですが、
まさかこれほど効果があるとは。
どんなにイヤンイヤンと泣いていても、乗せてユラユラしてやると静かになり、そのうちに寝てしまうのです。
このバウンサーのいい所は、本人が動けば勝手にユラユラすること。
なので、ぐずる→暴れる→バウンサー揺れる→泣き止む→揺れが止まる→ぐずる、というのを延々やってる時もあるのですが(笑)機嫌のいいときは自分でユラユラしていたりします。
とにかく「ベビーシッター」という商品名に偽りなし!
こっちは家事もはかどるし、ネットする時間も取れるし、ベビービョルン様様です。
本体も軽く、狭い我が家でも場所を取らず、折りたためばコンパクトになるのもありがたい。
育児グッズはそれなりの値段なのに使わなかったり大して役立たない物が少なくないですが、
このバウンサーは本当にお役立ち。奮発した甲斐があった!と断言できます。

だいぶ時間に余裕ができてきたので、ぼちぼちと更新再開していきます。
今後もよろしくお願いいたしします。

posted by たっちー at 20:22| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

エスカレーション

あれよあれよのうちに鏡開きになってしまいましたが明けましておめでとうございます。
なんだかんだでブログも3年目となりました。
子育ての合間を縫って細々と続けていきますので、今後もご贔屓に。

産後3週間が経過し、息子は随分とまるまるむちむちしてきて、美味しそうな感じになってきました。
毎日せっせと育児をしていますが、実は年明けから今日までに2回ほど泣いています。(私が)
それは育児疲れとかイラ立ちからくるものではなく、もっともっと個人的な事情なのですが、詳細はいずれ笑い話になった時に書かせていただくとして、
息子の顔に涙をボタボタ垂らしながら授乳するのは我ながら間抜けだなぁと思いました。
泣きながら「おお、私にもいっちょまえにマタニティブルーというやつがやって来たのだな!」と嬉しがってみたり。アホです。

どんなに嫌な事があっても、辛くても虚しくても、子供にはなるべく笑顔で、普段通り接しようと努めているのですが、
どうしても心の制御ができなくて、不機嫌顔になったり、キレ気味になったり、泣いてるのを無視してしまうこともあります。
でも、日常に理不尽を感じたとしても、それは子供には何の罪もない事で、
むしろ今までは自分の中で処理するしかなかったモヤモヤを、
息子の一挙手一投足に癒されて解消できるようになっているわけで、
息子に感謝こそすれ、八つ当たりなんて言語道断ですよね。
人間として、母親として、日々成長させてもらっている。
それだけは絶対に忘れないようにしなければ。

今、私の膝の上で息子が乳を吸っています。
授乳の間も惜しんで日記書くような母でごめんよ…。
posted by たっちー at 17:25| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月01日

真冬のメモリーズ

出産話を書こうと思いつつ3ヶ月半経ってしまい、もう既に記憶が薄れつつあるので、とある育児日記サイトで見つけた質問集を拝借してみました。
(かなり長文なので暇なときに読むのが吉)
ちなみに出産は確かに痛かったんですが、どんな痛みだったかは産んだ瞬間に忘れましたよ。痛かったというより苦しかったですね。
10ヶ月便秘しててやっと出そうなのに我慢させられる苦しさ、と言えば殿方にも多少わかっていただけるかな?何の罰ゲームだよ!と心の中でずっと三村ツッコミしてました。
相方は私の苦しむさまを見て「嫁はこれからサイヤ人に変身するのだ」と訳のわからん事を考えていたそうです。そうでもしないととてもじゃないが直視できなかったって。出産に立ち会いたいと思っている殿方は心しておきましょう。そして立ち会う際にはテニスボールか野球ボールが必携です。忘れずに。

妊娠・出産100の質問
posted by たっちー at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月28日

JET!

出産から早一週間が経過し、昨日出生届を出してきました。
息子もこれで日本人口の一人となったわけです。
名前は妊娠3ヶ月の時点で考えていた名前をそのまま付けました。
女の子だったら相方の名前の、男の子だったら私の名前の部首を取って、なおかつ漢字一文字、という法則を決めていたので、私の名から「日へん」を取った、一文字名前です。
もちろん画数もちゃんと調べたので、姓名判断上は最強の画数です。(流派によって微妙に違うんですが、大体どこの占いでも結果は良かった)
そこまでこだわって名付けたわりに、子供をその名で呼ぶことはあんまりありません。
「坊ちゃま」とか「殿」とか「若」とか「ご主人様」とか適当に呼んでいますが、
いちばん多用しているのは「ほっぺちゃん」。
下ぶくれ気味の、ほっぺたの目立つ顔立ちはずっと見ていても飽きません。

懸念していたマタニティブルーも今のところ全くなく、
むしろ子供を産み落としたその瞬間から気分スッキリ爽快で全ての憂いが吹っ飛んでしまったくらいです。
子供に対しても、わりとクールに接するだろうと思っていたのですが、
生まれてみたら可愛くて可愛くて、今や相方以上の親バカっぷりを発揮しています。
夜中に大泣きされると憎たらしい、と思う時もあるんですが、
黒目がちな瞳でじーっと見つめられたりした日にゃもう愛しさ大爆発。
「おかーさんとチューしよー」とか言いながら一方的にほっぺたやおでこにチューしています。
でも唇だけは奪いません。「いつか好きな女の子ができた時のために」という母心。

子供の世話をしながら家事、というのはなかなかに慌しく、一日があっという間に過ぎていきますが、
辛いとか疲れるとか思う事もなく、楽しんでやれています。
「案ずるより産むが易し」という諺を文字通り実感している日々です。
実家の母や、相方の両親、そしてもちろん相方にも、本当に助けられています。
妊娠がわかった時、真っ先に思ったのは「間違いであってくれ」だったし、
妊娠中も「なんでこの子は私の腹の中なんかに来ちゃったんだろう」と何度となく思いました。
でも、
「この子を産んで良かった」
「この子が生まれてきてくれて良かった」
今は素直に、心の底から、そう思います。
そんなふうに思える自分に驚きだったりもするけど、
母になるってそういうことなのね。
体験するってやっぱり大事なんだなぁ。今更だけど。
posted by たっちー at 19:44| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

入院九日目

彼はまだ夜も明けぬ午前4時に、
いきなり扉の前に来て、
外に出たいと言いだした。

そして彼はたった6時間で、
まだ半開きだった扉を全開にして、
私と相方の前に現れた。
猫みたいな泣き声をあげながら。


というわけで2005年12月20日午前9時49分、
無事に男の子を出産しました。
母子共に大変元気にしております。
出産ネタは数多ありますが、
陣痛来てから今まで全く眠っておらず、
(出産で脳内麻薬がかなり出ていた模様)
さすがに体力も限界になりました故、後日談とさせていただきます。

今まで励ましのコメントやメールを下さった皆様、
本当にありがとうございました。
相方は早くも二人目に想いを馳せておりますが、
私としては現時点では妊娠も出産ももう勘弁して下さい、というのが本音です。
今後この日記がありがちな育児日記になるのか、
はたまた相方親バカ伝説を綴る日記になるのか定かではありませんが、
時間と体力と気力の許す限り続けていくつもりですので、
どうぞよろしくお願いいたします。
posted by たっちー at 23:25| 東京 ☀| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

入院八日目

「まだ、ここにいたいんだよ」

うん、わかってる。
外は寒いし、
嫌な事も、辛い事も、悲しい事もたくさんあるからね。
暖かい家の中にいれば、
誰かを傷つけたり、
誰かに傷つけられたりしなくて済むからね。

確かに、思い通りにいかない事ばっかりだ。
でもさ、
思いもよらなかった事も、たくさん起きる。
夢破れて虚しくなる事もあるけれど、
些細な所から希望を見つける事もできる。
投げやりになりながら、
何の期待もせず、
野良猫みたいに生きていても、
拾い上げてくれる人だっている。
あなたのお父さんはそうやって、
お母さんを見つけてくれて、
あなたを授けてくれたんだ。

あなたを待ってる人がたくさんいるよ。
だから早く逢いにおいで。
扉を開けて待っているから。
posted by たっちー at 23:02| 東京 ☀| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。