2007年08月09日

喰われる

昼寝から起きた次男に授乳していたら、
全力で噛まれました……。

喰いちぎられるかと思った。
「いでででで〜っ!」と母絶叫。
その声に驚き泣き出す次男くん。
お前のせいだよ!マジで取れたかと思ったよ!


長男は朝っぱらから牛乳を床にぶちまけてくれました。
外へ行くのに帽子をかぶせても気付くと取ってます。
「かぶらないとお外連れてかないよ!」という脅しも効かず。
おもちゃを片付けろと言うと床に突っ伏して泣きます。
言葉もろくに喋れないくせに、イヤイヤ期はいっちょまえにやってきた模様。
でも「イヤ」も「ダメ」も言えないもんだから拒否の手段は「床に突っ伏し転げ回って泣く」という行動のみ。
なので今のところは勝手に暴れさせておいてスルーしております。
育児サイトとか見ると「イヤイヤ期は発達の証拠なのでむしろ喜びましょう」などと書いてあるが

喜べるか!!

他愛ない事でも拒否されてイラッとくることはあれども!

育児というのは寛容でないと出来ない仕事だなぁ、と最近つくづく思うのです。
その点私の心なんぞは猫の額より狭いのでホントに適性ありません。
適性がなくてもやらねばならぬ、それが育児…。
「これは何に対する罰ゲームなんだろうか」としょっちゅう思います。

身も心も息子達に喰われ、夏の暑さも相まってゲンナリしています。
ああもう、誰か癒して。スパ連れてって。

え、旦那?
休みの日は寝てるか遊びに行ってるかしかない人に何を期待すればいいのさ。
posted by たっちー at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 息子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。