2007年01月17日

DON'T CRY BABY

昨日、「息子がストローデビューをした」と書きましたが。

あのすぐ後にちょっとしたバトルがありました。

息子は何故かプラスチック製のコップが大嫌いで、コップで飲むトレーニングが全く進んでおらず、1歳過ぎた今でも牛乳は哺乳瓶で飲んでいます。
ガラスのコップなら問題なく飲めるんだけど、割れ物なので手を添えてやらなきゃいけないし、私としても哺乳瓶だと自分で持って飲んでくれるから楽ちんで、「もう哺乳瓶卒業させねばなぁ」と思いつつ先延ばしにしております。
そんなある日、ネットで調べ物をしていたところ、とある育児ブログに行き着き、
「ストローの使い方を教えるには、紙パックジュースを使えば良い」
という記述を発見。
パックを押せば飲み物がストローから出るので、「ストローから飲み物が出てくる→吸えば飲める」という事が赤ちゃんにもわかりやすいんだそうで。
息子も例に漏れず、ストローを差し出してもカミカミするだけだったので、これを読んだ時はまさに目からウロコ!
早速幼児用の紙パックジュース(ちなみにこれ、容量の割に結構高い。乳幼児グッズって何でも割高だけど…)を買ってきてチャレンジ。
するとビックリ、息子はあっという間にストローの使い方を習得!
パックを押してやらなくても、すぐに自力で吸って飲むようになりました。
こりゃスゲー!ネット万歳!育児ブログの人ありがとう!と感謝感激雨アラレ。
普通のコップにストローを挿して渡してみてもちゃんと飲むので、「これは一気に哺乳瓶卒業か?」と期待に胸が一気に膨れ上がる私。

すっかり調子に乗った私は、息子があまりに嫌うのでホコリかぶったままになっていたマグマグ(成長に合わせて飲み口が替えられる。画像
を今こそ使わねば!と牛乳入れてストローパーツを装着。
「さぁたんと召し上がれ♪」と母の慈愛満開で息子に差し出したのです。

しかし。

みるみるうちに表情が曇る息子。

????
お前の大好きな牛乳ですよ、息子や。
さぁ、お飲みなされ。

無言でコップを押しのける息子。

いや、ちょっとストロー吸ってごらんなさいって。

「や……」

えっ?

「いやぁぁぁぁ!ヽ(`Д´)ノ」

!?Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

そうです。
息子はストローは使えるようになったが、
マグマグはやっぱり断固拒否だったのです!

とにかくストローから牛乳が出てくるのがわかれば飲んでくれるはず、と、息子の口元にストローを持っていくものの、
両手で押しのける!顔背ける!そして抗議の叫び!
頼むから一口だけでも飲んでくれぬか、という母の願いなどまるで届いちゃいねぇ。
そんな攻防を繰り返している間にもホットミルクは冷めていくわけで。

プチリ、と何かが切れた私のとった行動は。

息子羽交い絞めにしてマグマグ強制。(←鬼母)

当然息子大暴れ、アーンド大泣き。
しかし意地になった母は「飲まないと夕飯あげないよ!」と脅迫。
それを聞いてさらに半狂乱になる息子。
傍から見たら(見てなくても)完全なる幼児虐待。地獄絵図。
そんなバトルが30分ほど続いたでしょうか。

しかし、そこまでされても息子は決してマグマグに口を付けようとはしませんでした。
「嫌なものは嫌、誰が何と言おうが拒否」
よくよく考えたら、私そっくり。
なんだよ、そんな所まで似ちゃったのかよ…と軽くゲンナリする私。
子どもは親の悪い所が似るって言うけど、本当だったのね。

30分全力で暴れ泣いた息子は、その後しばらく自力では立てないほどフラフラになっておりました。
マグマグの牛乳は、哺乳瓶に移し変えて飲ませました。
ヒックヒックとしゃくりあげながらも凄い勢いで飲み干してましたよ。
そりゃね、大人になっても哺乳瓶で飲んでる人なんていないんだから(そういうプレイが好きな人は別だが)いずれは卒業できるだろう、とは思っていますよ。
ただ、基本的にこだわりなど何もなさそうな息子が、どうして立てなくなるほど泣いてまでマグマグを嫌がるのかが全くわからないので、つい意地になってしまったのです。
(今までマグマグを強制したことはないので、トラウマがあるとかではないだろうし)
とりあえず、「何だかわからないけど息子はマグマグが嫌いなのだ」ということはよくわかったし、私ももう無駄な労力を使いたくないので、しばらくは「哺乳瓶+ガラスコップ併用」で様子を見ることに…って言うか、もう息子にはマグマグは使わんな、多分。
出産祝いに頂いた物なので、有益に使いたかったのだけど、致し方あるまい。

それにしても、こと食に関しては全く問題なく、スムーズに離乳が進んだだけに、こんな所で苦労することになるとは盲点でしたわ。
まぁこれから先も、何度となく息子とはバトルを繰り広げることになるんでしょうが。トイレトレーニングとかさ……。
体力つけとかないとなぁ。
posted by たっちー at 19:06| 東京 ☁| Comment(1) | 息子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
戦ってますね〜。「客観的に見て虐待」、分かります。うちは離乳がまだ進んでなくて(遅っ!)、食事時になると似たようなバトルが繰り広げられています。
Posted by jiubao at 2007年03月06日 22:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。