2009年01月16日

良くも悪くもマイペース

長男が3歳児健診で「発達に難あり」の判定を食らって1週間。再開したトイレトレーニングも「誘えばするけど通知はしてこない」という状況を打破できず、私の苛立ちと絶望と諦めの感情はじわじわと嵩を増やしこそすれ減ることはないのであります。

思えば彼が生まれてくる前、「ただただ頑丈で健康であれば多少アホでも構わない」と願っていたので、ある意味まさに母の願いどおりになったと言えなくもないわけで、長男にしてみれば時々繰り出される母の仕打ちは理不尽極まりないという感じでしょう。

発達心理の先生には「愚痴を言えるお友達を作ったら」などと言われましたが、たとえ友達が100人いたって愚痴など言えるはずもない。長男が発達遅いって言われたのなんて聞かされたほうも答えに困るだろうし。

子供というのは大きくなれば母親の身体的精神的負担が軽くなっていくものだと思っていました。今思えば赤ん坊時代が一番気楽だったかもしれません。

成長や発達の度合いは人それぞれというのは頭ではわかっていても、今の長男ありのままを受け入れるには、彼のために何をすればいいのかすら見失っている私には難しいことです。そこんとこ誰も何も教えてくれない。言葉が遅くておむつもはずれてない長男は劣っているの?それはやはり母親である私のせい?だとしたら次男も同じ道をたどるの?

ああやっぱり私は子供を産むべきじゃなかった、母親には向いてなかった、長男だって私じゃない誰かが育てれば、明るくて陽気で利発な子になったかもしれないのに。

今もその思いは常に心にあって、ダメな母で申し訳ないと思いつつ、ダメはダメなりになんとかしなければという思いで息子達に接している毎日です。でも発達相談を受けたことで逆に身動きが取れなくなったのも事実で、私のやることなすことすべてが子供に悪影響なんじゃないかと怯えてしまう。だからってベストなやり方なんてわからないので、結局は今までしてきたようにしかできなくて、また悶々としてしまうんだけども。


他の保健師さんや職員の人が遠まわし遠まわしに物を言う中、ひとりだけオブラートに包んだ物言いをしなかった人がいました。
内科のお医者さんでした。

お母さんが不安になっちゃダメだ、子供は親の鏡だよ。
この子は言われたことにはちゃんと反応するし、答えようともする。
ただ他の子よりちょっとのんびりなだけだ。
だから、

「僕はこの子は大丈夫だと思います!」


そう言いきってくれたのが本当に嬉しかった。本当に、涙が出ました。
本来ならそれは、私が言わなければならない言葉なのにね。
でも、誰かにそう言って欲しかったんです。
そのくらい、心が折れて粉々だったんです。


今でも、毎日のように「ああ、私ホントに子育てに向いてないわ〜」と思うのですけど、いつかこう思っていたことも笑い話にできる日が来ると信じてやっております。
母乳卒業するのも離乳食も寝かしつけも全く苦労することがなかったぶん、ここで一気に利息が付いたのかもしれません。
コツコツと返していきます…。















ちなみに、
健診のときに答えられなかった名前と年は、
健診の翌日にちゃんと言えるようになりました……。



1日遅〜い!!!


posted by たっちー at 18:49| 東京 ☀| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私はまだまだ子育て初心者。
他のママたちを見て、「自分の子育てはこれでいいのだろうか・・・」と不安になるばかりでした。
最近やっと「これでいいのだ!!」と思えるようになったけど、
この先また不安になることって沢山あるんだろうな。

我が子は他の子とは違う左手を持っていて、
彼が大きくなるにつれ、心を痛めることも出てくるでしょう。
その時私はどういう風に受け止めたらいいのか、いまからいろいろ考えてしまう。

きっと子育てってずっと、考えたり悩んだりしながら続いていくんだろうね。

私はきみんちのちびっこたち、優しくて可愛くて大好きだよ。
きっとママがまっすぐに頑張っているから、
そんなちびっこたちなんだと思うよ。
Posted by 板橋の専業主婦 at 2009年01月17日 22:05
>板橋主婦様

ありがとう…。
君も色々考えることが多いだろうに、
こんな愚痴につき合わせてしまってスミマセン…。

でも、なんだかんだ言っても元気なのが一番よね〜と今は再び楽観的になっています。
本人が楽しく暮らせてればいいかなと。
まぁ何かにつけイラッとさせられる事も多いんだが(笑)
幸い周囲の人たちがみんな子供達を可愛がってくれるのがありがたいです。

遅ればせながら息子ちゃん1歳おめでとう〜!
そろそろ歩けるようになってるのかな?
また会いたいな〜。
Posted by たっちー at 2009年01月18日 16:36
遅すぎるコメントですが。たっちーさんは素敵なお母さんですよ〜!!一度しかお会いしていませんが、笑顔と話し方などの雰囲気で分かります。

うちの子も健診の時、名前と年を答えられませんでした。それに、3ヶ月のときは四肢が短いとか言われ、発育の専門医に見せるよう言われました。が、現在取り立てて問題はありません。単に親の胴長短足のDNAを継いでしまっただけのようです。

現在も色々と不安を抱えていますが、子どもの人生始まったばかり、これから先どう変わっていくか分からないと自分に言い聞かせてます。
母親業って、試練が多いですね。

Posted by jiubao at 2009年03月01日 01:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。